その人は好きにはなれるが子供を好きになるかどうかは別問題だと思います

このお子様は別れた奥様一緒に住んでいるのかそれとも彼と一緒に住んでいるのかも大きな問題かと思いますもし一緒に住んでいた場合なかなか関係を気づくのは難しいと思います。また小さいにしろ十分記憶がある年齢。男の子だしやはり自身の母親が何よりも1番な年頃だしお互いに関係をきづくのはなかなか難しいです

接し方としては当たり障りのないとゆうかパパの友達だよとゆうぐらいの接し方で良いと思います

子供は色々と勘づくことはあるかと思いますが何か欲しいものを買ってあげたり優しいお姉さんぐらいの気持ちで

結婚するとなると自分の子供は絶対に欲しいです

ただ彼の連れ子と平等にとゆうわかにはなかなかいかないと思います

実際に身内でいるのですがやはり自身の子供と連れ子を本人からすると平等に扱っているようで周りから見るとやはり違うなぁと感じることは多々ありました

1番感じたのは怒る時です。自身の子供はきつく怒れますがやはり連れ子となると遠慮がちになってしまいあまりきつく怒れませんそれが本人にとっては自身の子供ではないからかなとか不安に思わせてしまってもやもやすることがあるようです

あまり意識をしないようにとゆうのは難しい問題だと思います

好きになるとかならないとかの問題は

努力とかそうゆう問題ではないのではないでしょうか 1度好きになってしまえば好きだしその思いを止めることなど無理だと思います たとえ離婚歴があったとしても

私の場合再婚は考えません

子連れだとすると再婚のリスクは高すぎます

もし奥様が引き取られたとしても養育費だとかもし自身の子供が産まれた場合でもその子だけを愛すことは難しいのかなとか色々考えてしまうからです

その人を好きだと止めるのは難しいのでそのまま付き合っているとゆうまでに止まるかも知れません

あまりこの先を考えるとよくないなぁとは思いますが

そういう環境の人を好きになってしまったなら

子供もパッケージとして好きでいられるかが本当の意味での「好き」の定義になるのではないかと考えます。子供を愛するためにはやはり愛するための段階が必要だと思います。本来、子供が好きなほうですから、まずは興味のあるジャンルなどを確認し、「親としての意識」を考えずに、友達感覚で視線をフラットにして接してみて徐々に前に進めるようにしたいですね。その子と関係も楽しめなくては。その方がお付き合いをしている人ともいい関係が築いていけると思いますし、その方との恋愛を楽しめると思います。

このような状況になった場合、私は好きにならにようにすると思います。

このような状況になった場合、私は好きにならにようにすると思います。ハッキリいうとコブつきは何かと面倒です。子ども嫌いというわけではありませんが、デートをするにも間違いなく、子どもがついてきます。子どもがいると気軽に飲みに行ったり、旅行に行ったり何てできやしません。ましてや、一夜を共にするなんて、子どもが寝ている横でなんて楽しめません。
色々なことに制約がかかる以上、恋愛を楽しむことなんて出来ません。恋愛ですらまともに楽しめないのですから、その先にある結婚なんて当然、考えることが出来ないと思います。

小学一年生ともなると

自分の両親のことはもちろん覚えているし、はっきりと親に対してどんな感情を持っているかも自覚している年ごろだと思います。なので、突然現れた、自分の大好きなお父さんを奪う相手と思われてしまうのではないかと考えてしまい、はじめは少し離れたところから様子をみるように近付いていくと思います。子供だけど、子供扱いされるのは嫌なのではないかと思うので、一人の人間として、その子がどんな性格かをしっかりと見極めていきます。自分が好きになった相手の子供だから、無理して愛そうとするのではなく、その子の個性を好きになれたら良いなと思います。ただ、どうしても自分と合わないと思ったら、ある程度の距離を保ったまま、接していくのだろうと思います。

自分の子供は欲しいと思います。

本当に母親になれるのは、自分が子供を産むという行為をしてからなのでは、と思います。自分の子供がいたら、差別してしまうかもしれないという気持ちもありますが、子供を産むことによって目覚める母性があるのでは、と思っているので、好きな人の連れ子だけの時よりも、良好な関係が築けそうに思います。もし私とその子があまりうまく仲良くなれなかったとしても、私が産んだ子供はその子にとって血の繋がった兄弟になるわけなので、新しい子を通しての関係も築けるはずです。

自分の子供と較べると、正直言って元々が平等な関係ではないからこそ、その子のことをより理解しようと、話をする時間をたくさんとっていきたいと思います。

相手のことを好きになってしまうのは

その人が魅力的だからであって、子供がいるいないは考えません。私だけが好きなままなら遠慮なく好きになります。ただ、相手との交際を考えたら、子供がいることはとても重要な要素だと思うので、相手の男性としっかり話し合い、二人で過ごせる時間もきちんととることが出来るなら、問題ないと思います。

私の方に子供がいる場合でも、私自身が好きな人を作ること自体は素敵なことだと思います。でも、相手にとってそこのとが負担になるのだとしたら、そのときは相手を諦めるようにするだろうと思います。

もちろん自分の子供はほしいので妊娠できるのなら絶対に妊娠する。

平等に扱えるかというと100%の自信はないが、まだ小学生1年の子供と一緒にクラスことになるので、自分の気持ち、また育て方、教え方次第で子供の考え方、言動をきちんとしたものにできると思う。子供がなついてきてくれるなら、貴方が私の一番初めの子供だということを毎日口に出して言ってあげる。安心させる為に。子供が生まれてもいつもその子を優先させるようにする。その子の母親にもならなければ、生まれてきた自分の子供のとその小学生の子供の関係が絶対に悪くなるから。

もし、彼の事が好きで

その子供の事も全てを受け入れるなら自分の気持ちには逆らわない。本当に好きであれば子供共に受け入れるはずだからです。でももしそこに迷いがあるなら好きになるのを止めるべきだと思う。自分の子供でない子供と一緒に生活し、その子供の人生もを左右する存在になるということは生半可な気持ちでは受け入れることは難しいから。結婚しても新婚生活はなく、すぐに子供がいる家族としてスタートしなければならない事を覚悟しなければいけない。

反対の立場であれば、一番重要なのはその相手が自分の子供を受け入れてくれるか、また子供ができた時に分け隔てなくしてくれるか、そこだけを見て交際するか、結婚するか決めます。

将来、結婚を視野に入れているのならば

まずはその子どもに気にいられるように努力します。

彼女が私と会うたびに子どもに嫌な顔をされるようでは、子どもに気を使って、次第に私と会うことを拒むようになるのは目に見えているからです。本丸を落とすにはまずは外濠を埋めるに越したことはありません。

小学一年生ですから、体を思いきり動かしたいでしょうし、何か一緒にスポーツが出来ればいいなと思います。下手にゲームやおもちゃを買い与えるよりも、体を動かして、一緒になにかしらやりとげる方が距離が一気に縮むような気がするからです。

自分と結婚相手との間にも子どもは欲しいと思います。

彼女の連れ子も、自分の子どもなんだという意識をしっかり持って接したいと思います。それが出来なければ、結婚は出来ないと思います。

反抗期になったときに、間違いなく、本当の親じゃないくせに!と 言われるでしょう。その時期までに、自分はこれだけお前のことを愛しているんだよ、としっかり伝えることが出来るかが鍵になると思います。一緒に遊んで、笑顔の写真を残しておいたり、たくさんの思い出を作って、積み重ねていくことが大事なのだと想います。つまりは、覚悟をもって交際する、ということです。

愛せるかどうかというよりも、好きな人と一緒にいたいなら愛するしかないと思います。

同時にその子供から信頼されるよう、せめて「嫌い」だと思われないよう人として誠実に向き合うという努力をします。

なぜなら自分が好きな人の子供を愛せたとしても、その子供から嫌われてしまったら当然好きな人と一緒にいられなくなるからです。

自分自身も嫌われている態度を子供から取られるのは精神的にキツイですし、好きな人と子供は血が繋がっていますから、やはり他人の私よりも血の繋がった我が子の気持ちが優先されると思うのです。小学校1年生という年齢にもなると「自分の気持ち」というのは当然しっかりと芽生えてしますから、人間として誠実に向き合うことで自分のことを知ってもらい、子供のこともしっかりと知りたいと思います。

自分の子供は欲しいです。

すでにいる彼の子供はもちろん大切ではありますが、自分と彼の子供がほしいという気持ちになるのは女性としてはごく自然なことではないでしょうか。

平等に扱えるか?というよりも、平等に扱いたいと思います。子供を生んだことがない自分自身がいきなり小学1年生の子供をもつ母親になるわけですから難しいことは当たり前のことです。

自分の子供ができたとしても彼の子供との年齢差はあるわけですから、当然その差が絶対に埋まることはありません。

戸惑いは常にあると思いますが、「自分が生んだ子供である」という意識を常に持って接したいと思います。

好きにならないようにと意識をしても

好きになることは自分で止められるものではないと思います。

好きになってしまわないようにするよりも、どうしたらうまくやっていけるのかを考えたいです。

逆の立場の場合、再婚は考えると思います。再婚をするなら、少しでも子供の年齢が小さいうちにしておいたほうが新しいお父さんにもなじみやすいのではないかと思うからです。もちろん再婚を考えた場合、子供と相手の男性との相性がありますからそこは重視したいです。子供が馴染めないようであれば、相手の男性も自分の子供を心から受け入れられないようであれば(パフォーマンスとして気に入られようとしても子供は敏感に感じますし、そんなことは長くは続きかないと思います)再婚はしません。

好きになった人も子供だから好きになる。

というより子供の機嫌をとろうとは思わず、近所の子供ぐらいの感覚で接すれば良いと思う。しかし突然、父親の傍に自分以外の人が出現したらその人に御父さんをとられるのではないか?という気持ちが子供の中に生じると思う。もしかすると自分の事を排除しようと子供ながらに意地悪をしたり嫌がらせをしてくるかもしれない。でも先々の事を考えてそれが普通の感覚だと受け入れるように、また子供の気持ちを優先するようにやっていく。自分に彼氏の事が好きな女の子が出現するような感覚だと理解するようにする。

好きにならずにいようとして

好きにならないですんだのならそれだけの気持ちだったということ。別の出会いを探します。それでも、その人が好きだと思うなら覚悟を決めます。逆の場合は結婚しません。子供との時間を一番に考えます。デートとかする暇はないです。子供一筋でいきます。好きな人ができても相手の人にも子供にはも絶対に悟られないようにします。器用な性分ではないので奥さんと子供、両方をいっぺんに幸せにする自信はないです。でも30才で6才の子供がいるなら、子供が成長して家を出た時でも42才。そこからパートナーを探すことを考えます。

自分がその相手と結婚したいかどうかが一番だと思います。

子供がいても結婚し子供が出来れば平等にできると思います。もちろん、小学生の子供が自分を受け入れてくれるならの話ですが。もう少し小さければ分からないでしょうし、自分が相手の子どものことを可愛いと思えるなら問題ないでしょうけど、小学生なら嫌とか好きとか言えるでしょうし、態度次第だと思います。その子に会わずに結婚を決めては、その子も戸惑うかも知れませんし、自分自身も慣れるまで時間はかかると思います。なので結婚を決める前に数回会ってみたいと話をしてみるのも良いのでは。

相手が好きなら相手に子どもがいても

二人の子どもが欲しいと思います。世間では嫌なニュースをよく聞きますが、心を痛めてます。なので私は、二人の子どもができたとしても、彼の子どもである限り平等に愛せると思います。変に意識するよりも同じ様に差別をする事なく接することが大切だと思います。妊娠が発覚したら相手の子どもにも、お兄ちゃんになるんだよとか話をして仲良く出来るようにうながすかな。小学生低学年だと兄弟が出来ることくらいしか意識はないでしょうし、先入観を持たせずにする事が大切かなと思います。自分も変な意識を持たなければ大丈夫。

再婚したいと思います。

ですが、私の場合は独身者より再婚希望者(子連れ)を期待します。なぜなら、一度結婚している方が、2度と離婚はしたくないでしょうし、独身だと、子どものいる大変さとか分からないだろうし、本当に自分の子どもを大切にして貰えるか分からないし、再婚したとして二人に子どもが出来たとして、自分の子どもを平等に愛してくれるか分からないから。再婚者同士で子連れであれば、子育ての大変さも理解されているでしょうし、平等に愛して貰えるのではないかなと思うからです。だけど好きにならないようにしようとか意識はないです。

もちろん2人の愛の結晶なのでほしいと思います。

小学校1年の連れ子にとっても家族が増えることは嬉しいことだと思いますし、作って生まれる頃には3年生~4年生となってる可能性が高いですから、例えば弟/妹に親がかかりきりになることに嫉妬するとか、そういう年齢でもないと思います。むしろ、兄/姉として色々協力してもらうことでより家族に一体感が生まれると思います。心の奥底では自分の血が通った子の方がかわいいと思ってしまうかもしれないことは否定できませんが、連れ子を傷つけることを良しとはしないと思いますので、3人で赤ちゃんを面倒みたりして絆を深めると思います。

好きにならないようにする、と意識する時点で

逆に意識しすぎてしまい止められないと思います。上述したように、シングルで子供を育てているという状況を助けてあげたいと思う気持ちがまず先に働くので、好きにならないようにすることはありません。自分が逆の立場だったら、正直引け目を感じると思いますが、小学校入れるまで頑張ったのだから、自分自身の人生もより豊かにしたいとは内心で絶対に思うはずです。また、接する大人が自分だけというのは、教育上あまりよくないと考えますし、子供にとってもパートナーがいて、色んな背中を見ることが良い教育になると思うので、やはり再婚は考えます。

愛せます。子供は子供。全力で愛します。

最初は母親としてではなく、一体一の対等な関係を作っていきます。気を許してもらえるまで気長に待ちます。気を許してもらえたら、甘えさせてあげたいです。試し行動の期間は自分の時間がなくなる覚悟で頑張ります。むしろ彼の母親との関係がうまくやっていけるか心配です。彼女の息子であることには変わりないので、今までどおりの関係を続けてほしいとは思いますが、私の教育方針とあまりにもずれていると困ると思います。彼の成長に一番良い方法を一緒に考えて行けたらベストですが。子供のいる人と結婚するなら、その子の幸せを一番に考えるべきだと思いますし、それなしでこの結婚が幸せになることはありえないと思います。

思います。

一緒に暮らしていて子供同士を区別するなんて考えられないです。けれども子供は気にすると思うので、妊娠する前に子供との信頼関係をしっかりきづくことは必須ですね。結婚してすぐ妊娠とか考えられないです。兄弟ができることに関してはいいことだと思うので心配していませんが、実子の場合でも同じことです。上の子がさみしがらないように二人で何かを楽しむ時間を定期的に持つようにしたいです。子供は大人が必要です。子供を持ってる人と結婚したのなら、その子との縁も結ばれたのです。自分の子でも子育ては命がけ、楽しいことばかりではありません。全力で子供に向き合うのみです。

少し場合分けをして答えてみます。

1.好きになってから、付き合いだしてから、結婚の話になってから、「実は私には小学一年生の子が・・・」と切り出された場合。

※この場合は、愛せないかもしれませんね。30歳の相手を好きになったのであり、一年生の子供が好きで付き合ったわけじゃないのですから。

2.子供がいることを最初からオープンにしていた場合。

※その場合は、付き合い始める時から、「結婚をしたら1年生の子供を我が子として付き合うことになる」と言うことを覚悟して付き合い始めるわけですから、

愛せるとは思います。

ただ、どの場合でも、子供の態度によってこちらも影響を受けるかもしれませんね。

子供が非常になついてくれたら、こちらも受け入れやすくなるでしょうね。

反対に子供が非常にこちらを警戒するようなら、愛せないかもしれません。

自分の子供ができれば

7~8歳ぐらい年の離れた兄弟(姉妹)になるはずなので、そう言った家族の状況が大丈夫か(経済面でも)と言うことが頭をよぎるかもしれません。我が遺伝子が入っているから愛せる、我が遺伝子が入ってないから愛せない、と言うことはないと自分では思っています。経済面で言うと、もし7歳差(妻の子が小学2年生になるころに出産)でしたら、上の子が高校卒業(18歳)のころは、下の子が小学生になるので、そして夫婦自体も41歳なので、上の子が進学、就職どちらでも対応できるとは思います。下の子が高校を出る頃(18歳)には、上の子が25歳になっていて、自立しているとして、夫婦も49歳くらいになっているので、進学、就職どちらにも対応できると思います。7~8歳差の兄弟(姉妹)は年の差がかなり離れているので、変な平等感は子供ももたないと思います。違っていて当たり前なのでしょうから。

恋愛は、片思いでは成り立ちませんよね。

本当にお互いに好きどうしであったのなら、仕方がないでしょう。自分が「周囲から結婚しなさい」プレッシャー関係なく、結婚を前提に申し出ると思います。(ただし、相手が結婚を望んでいるかどうかは別問題。受け入れてくれるかも別問題)子供が原因で結婚しないということにはならないとは思います。それを相手が気にしているようなら、説得してみますが。

逆の立場(自分に1年生の子供がいる場合)では、相手が我が子を受け入れてくれるか、と言うのはやはり気にしますね。自分は性格上、「1年生の子供がいる」と言うことを周囲に隠さない性格なので、それを承知で近づいてきてくれたのであれば、再婚は考えます。ただ、自分から積極的に相手に迫るということはしないでしょう。我が子(小学1年生の子)が相手の負担になるのが見えているのですから。

愛せます。

何より、一人で育てていくのはかなり大変なことなので、好きな人ならなおさらその状況を助けてあげたいと思います。それは子供も一緒に愛し、結婚して生活の面でも今より楽にして人生を楽しめるようにすることだと思います。好きな人の家族や状況はその人の人生の一部ですから、その人を好きになるということはそれら全てを受け入れることだと思います。小学校1年であれば、順序立てて話せば状況はわかってくれると思います。友達も増えて、自分には父親がいないことにたいして、何かしらのネガティブな感情は少なからず持ち始めているかと思います。頼りがいのある父親になれることを、子供の目線で伝えていきたいです。

子供がいるから好きになるのをやめようとか、諦めようとは思いません。

子供がいるから好きになるのをやめようとか、諦めようとは思いません。自分も相手を好きで相手も自分が好きなのであれば迷うことは無いと考えます。連れ子がいることは自分にとってはデメリットではありません。とはいえ、自分の両親や相手の両親には反対や心配をされてしまうかもしれません。反対されても一緒になりたいという気持ちをお互いに持っているのなら、この先もやっていけるのではないかと思います。もし自分に連れ子がいる逆の立場だとしても考え方は同様です。お互いの気持ちが一致しているのであれば迷わず再婚を考えます。不安はあると思いますが理想の相手と出会うことが出来たのに、子供がいるからと諦めるのは勿体無いと思います。迷っていてもしょうがないので一歩踏み出すことも大切なのではないでしょうか。

こちらから一方的に好きなだけであれば諦めます。

いくら結婚を焦っていてもいろんな問題を抱えた初婚は自分にはできないと思います。しかしお互いに好きでお付き合いできるほどであれば相手の子供ということで仲良くしようとしたり、デートなど3人で過ごすように努力はすると思います。付き合い始めは短い時間で接して相手の親子関係を壊さないように注意しつつ、自分もその子を好きになって相手の子にも好きだという気持ちを伝えていきたいです。小学生となれば理解や考えることはできるので常に子供の意見を中心に考えたいです。なので一緒にいることを望まないのであればお付き合いを解消することもあると思います。

正直、自分の本当の子供ができたとき

相手の子を今までどおりに接することができるのかという不安はあります。しかしテレビなどで連れ子を虐待したというニュースを見たとき自分は絶対にそんなことをしない、したくないとは思っています。そのためには結婚をし、相手の方もまだ30歳なのですぐには子供を作らずに充分に3人で家族関係ができあがってから自分の子供を考えていければと思います。子供は親が自分のことをどう見ているのかと繊細に感じ取るものなので常にあなたの親だよって気持ちを込めて接していくようにして、決して仲間外れにならないようしてあげたいです。

私には実際子供が2人います。

離婚はしていませんが、もし離婚したときのことを考えたとき私が子供たちを十分に養えるよう働くとしたら恋愛をしてる暇はないと思います。気になる人が出来て、相手の方が子供たちと仲良くしてくれていても相手に負担も大きし親御さんも初婚でバツ一の子持ちを結婚することは素直に喜べないと思うし、本当に相手が子供心から愛しくれるのかという疑問を一緒かかえないといけないと思うと再婚する気はありません。自分の気持ちに嘘をついたりすることはきついこともかもしれませんが子供がいる以上子供たちのことに精いっぱい頑張りたいので恋愛や結婚はしたくありません。

子供は欲しいと思うでしょう。

平等には扱えない部分が出てくるでしょう。

旦那さんの態度にもよるし、そのほかの家族のサポートの程度、経済力によっても、平等にできるかの部分については大いに変わるでしょう。

意識しないように意識するかな。

平等なんてきっと無理ですが、前のお母さんがなくなったとしたら、そのお母さんはきっと自分の子供を見てあげられなくてとても無念たし、自分の宝物を人に預けなければならない悔しさでいっぱいだと思います。だから、わたしはその宝物をきちんと扱う義務があると思うし、自分の子供のように育てなければならないと思う。

難しい。

ならないように、すると思うのは自分には子供がいるから。子供たちの相性もあるし。

逆の場合なら、お母さんを作ってあげたいと思うかも。やはり子供にはお母さんが必要だから。

けれど、うまくいかない人なら、努力もしない人なら、上部だけの優しさの人なら、要らないとも思うかも。

家族はそんなに簡単にとっかえひっかえできるものではないから、慎重に答えているつもりです。

友人でも子連れ再婚で子供を作った人がいますが、子供どうしの年が離れているから大方よかったけれど、年が近いと色いろ難しいのかもと、見ていて感じます。

離婚後、今までお父さんと2人でやってきたとはいえ

小学一年生はまだまだ子供です。お母さんとしての役割をしっかり果たし、認めてもらえるように頑張ります。血のつながりは無いですが、好きになった相手の子供。すぐに愛することは難しいと思いますが少しずつでも距離を無くしていき、お母さんと息子として仲良くなれるように努力をします。子供に気を遣わせてしまったり、嫌われたりしないようにしたいものですが、本当の家族として遠慮をして欲しく無いです。子供が大人になった時に本当のお母さんとして思ってくれるように日々を積み重ねて行きたいです。

相手との結婚を考えた場合

自分の子供ももちろん欲しいと考えます。血のつながりがある子供とない子供。気をつけていても平等に扱うことが出来るか不安になるのは当たり前だと思います。もし、2人とも自分と血のつながりがある子供だったとしても下の子が産まれるとそちらに手一杯になってしまい、上の子をおざなりにしてしまうことがあると思います。しかし、上の子が相手の連れ子であった場合は普通以上に上の子を意識することが大切なのではないかと思います。アピールというのも変な話ですが、あなたのことも愛しているよと言葉や態度で伝えなくてはいけないのかと思います。

バツイチ子持ちということに関して気にしないほうなので

たまたま好きになった人がバツイチ子持ちだっただけと思えるます。自分が愛した人の子供なので最初は抵抗があるかもしれませんが、愛せると思います。子供は両親の離婚のこともわかっている年齢だと思うので私のことを警戒するはずです。まずは、その子供と一緒に遊んだり勉強を教えたり自分の姪っ子や甥っ子のように接してみたいと思います。相手と子供と3人で会う機会を増やし、近所のお姉ちゃんに遊んでもらっているという感覚から覚えてもらいたいと考えます。そのあとは子供が心を開いてくれるのを時間に任せてみたいです。

もちろん自分の子供も欲しいです。

自分の愛した人との子供なので1人と言わず2人でも3人でも。もちろん平等に扱います。小学一年生ということなので、子供が自ら気を遣うこともあるかと思います。子供が気を遣わなくてもいいという状況を作ってあげたいので自分の子供と平等に怒ったり褒めたり、泣いたり笑ったり。そういう感情的な部分を意識していくと思います。連れ子も自分の子も同じように接してあげることが一番大事だと思います。また、自分の子供にもきちんとお兄ちゃんとは血は繋がっていないけどみんなママの子供なんだよということを物事がわかるようになったら伝えてあげると思います。

私自身30独身とまったく同じ条件なので

好きにならないようにということはしないと思います。バツイチ子持ちでもあまり気にしないつもりでいるので、たまたま好きになった人がそうだったと前向きに考えると思います。好きになるときは好きになると思っているので、流れに身を任せてみたいと思います。もし、逆の立場だった場合再婚も多少は考えると思います。私自身両親に愛されて育ったので、たとえ血の繋がりがなくてもきちんと愛してくれる方なら自然と結婚の話にもなると思います。ただ、その場合子供の意思もちゃんと聞いてあげたいので、嫌だと言われれば再婚はしないと思います。

好きな人の子供だから無条件に愛せるわけではないです。

子供にも拒否する権利はあるし、でも小学一年生ならまだまだお母さんが必要な年だし甘えたいと思う年だし、お母さんと離れた理由も勘案しながら、最初からフレンドリーにしすぎない距離を保って接して、自分がその子を受け止められるかを考えると思いますが、それは今自分が母だからわかる子供の気持ちで、独身で子供を持ったことがない人にはわからないかもしれません。

余裕もないし、子供がどう反応するか、なんて子供と暮らしたことがないと分かり得ないし。

だから、設定の女性なら、フレンドリーにぐいぐいいくんじゃないかな。